2011年9月30日金曜日

Unityの本をいくつか読んだ

9月からUnityの本が多く出版されている。
読んだ本:

Unityによる3Dゲーム開発入門 ―iPhone/Android/Webで実践ゲームプログラミング
ベースとなるのオブジェクト操作から始まり、章を読み進めることでゲームに肉付けしながらUnityを学ぶことができる。読み終わればUnityの操作について一通り学べると思う。

良い本だ。単にゲームを作ることだけを解説せずに、ゲームをより面白く見せるためにどう演出するかについても書かれている。スクリプトの内容や構成も非常に綺麗だ。
チュートリアルのスクリプト、アセットがほぼ用意されていて、少しの改変をしていきながらゲームを組み立てていく内容。Unity公式の3DゲームチュートリアルPDFの和訳本みたいなもの。


読んだほうが良い順として
Unity入門, Unity公式3DゲームチュートリアルPDF > Unityによる3Dゲーム開発入門 > Unityマスターブック
になると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿